「亀場でプログラミング」のページ

配布ファイル(2017-06-30版):

亀場サーバー

Linux(64bit)用実行ファイル
tfield-linux64.zip

Linux(32bit)用実行ファイル
tfield-linux32.zip

Windows用実行ファイル
tfield-win32.zip

Macintosh用実行ファイル
TurtleField-Mac.zip


各種言語用API

C言語用インクルードファイル
turtle.h

C言語分割コンパイル用ファイル
turtle-def.h, turtle-func.c

VisualStudio10用スターター
turtle-vs10-c-starter.zip(C)
turtle-vs10-cpp-starter.zip(C++)

Java用Turtleクラス
Turtle.java

Ruby用Turtleクラス
turtle.rb

Python用Turtleクラス
turtle.py (Python 2)
turtle3.py (Python 3)


tfield-turtle-logo-40px

ようこそ。ここに置いてあるコードはまだ十分な検証を経ていません。 細かい不具合を随時修正していますので、できるだけ最新のファイルをダウンロードしてお使いください。

Quick preview of Turtle Field (YouTube)

おことわり

このサイトのオーナーは、大学の1年生向けの情報の授業でプログラミングを(も)教えている。 なるだけ学生達が興味を持つようにと、あれこれ考えてはみるけれども、たった数回の入門編だけで「面白い」作品が 書けるようになるほど、元々プログラミングは易しくはない(というか、奥が深い)。 学生にとっても、1から10までの足し算や、平均や分散の計算止まりでは、勉強することの「理由」を 見いだしにくいかもしれないし、第一、やっている教員自身がワクワクしない。

そんなこともあって、もうちょっと結果が「目に見える」ように工夫してみた教材が、このページの内容です。 公的教育機関の内部で教育を目的として使用される場合に限り、ご自由に使用、再配布、改変をしていただいて構いません。 商用での利用、およびネット上での公衆に向けての再配布については、作者の事前の承諾が必要です。 また、記載された内容、ファイルやデータを使用した結果に対して、当方は一切責任を負いません。

早川美徳(東北大学・教育情報基盤センター)

亀場サーバーのインストール

お使いのパソコンに合った亀場サーバーの実行ファイルを左からダウンロードしてください。

なお、Mac版とLinux版の動作には libpng が必要です。 Macをお使いの方は XQuartz をインストールすると、その一部として、libpngが組み込まれます。

目次

お役立ちリンク集